ブクログ


発達障害関連本棚


メンタルヘルス関連本棚

<< 堀川ひとみ 福井・武生ライブレポート(1) | main | ハロウィンの夜にひーたんが仮装すると >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
堀川ひとみ 福井・武生ライブレポート(2)

うたの国Live Party 〜 発達障害 ・・・ だからできることがある♪


■2010年10月9日の「武生ライブ」の第一部のセットリストです。

笑顔

CD未収録ながらあちこちで歌っているの知っている人も多いかな? 「色んな顔の中で、やっぱり一番素敵な顔は笑顔」だからということで、今回のライブのTOPに登場。

いたいよ
続く「会いたいよ」は2ndアルバム収録の名作ですね^^ 賞も受けてます! 雨にちなんだ曲とのこと。ぷぷちゃんが最初にひとみちゃんを知ったのもこの曲ですね。当時、会いたいけどどうしても会えない人がいて、この曲を聞いて泣いた。今は、会いたいのは「ひーたん」その人なので、会ってるので泣けません(ってそういう問題か?)。でも、何度聴いても素敵な曲ですね。

庶民の生活
そして「庶民の生活」・・・個人的にはオハツに聞きます、CD未収録曲。すっごい味がある♪ オモシロイ曲です^^ 庶民・・・・、主に首都圏の立ち食いそば屋を舞台とした、ネギ入れ放題の立ち食いそば屋のうたです。

性(さが)
続く「性(さが)」は、2度目くらいかな? CD未収力曲です。雨にちなんだ曲パート2。雨の日はお月様は出てこられないけど、きっと雨上がりのお月様は雨に濡れているんじゃないかな・・・、そう見えるなって思いからできた曲とのこと。

存在
第一部ラストは、2ndアルバム収録曲の「存在」。人々が生きて行くにはやはり誰かの「存在」が必用で、自己を肯定するにしろ否定するにしろ、まわりとの関係があってこそ・・・・。第二部の、いよいよ「発達障害だからできることがある」本題への予感を感じさせる曲です。

■いよいよ第二部のセットリストです。 3rdの曲を中心に、発達障害が故に感じてきたことや知ったこと、そして理解しあうことの素晴らしさと、そんな自分だからこそできることを一気に歌いきるラインナップです^^ 追って動画もUPするので楽しみにしていてくださいね。

発達障害についてのMCを交えながら曲が展開されていきます。

ねじれの世界
自分自身の心を偽ることをやめ、ありのままの自分をとりもどし、「やっと普通になれる」と思ったひとみさん・・・・。でも、なぜかまわりと段差を感じる自分がいる。どれだけ説明しても交わることのないねじれの世界。

教えてください人間様
そもそも「普通」って何? 誰が決めたの? どうしてそれをはずれるとまるで変な目でみられるの? 無理解な人からの言葉の暴力に傷つきながら、怒りの頂点に達するひとみちゃんのうた。一人ひとりの個性を理解しながら、誰にもバカにされない世界をつくりたいと呼びかけています。

侵略
アスペルガーを持っているいる人たちにとって、まわりの無理解な人々が時に敵となって「お前が間違っているんだ」と、攻め込んでくるような感覚になる・・・そんな様子をうたった曲です。

どうしてわかってくれないの
アスペルガーの人たちは、それぞれに色んな気持ちがあっても、それが理解されにくく、どうしてわかってくれないのかそれがわからず戸惑いを感じてしまいます。時にはずっとずっと身近だった人や、これまで理解していてくれた人まで去ってしまうこともあり辛い経験をしてしまいます。楽曲的には最後の「不協和音」で終わるところがすごく好きです。


最初の人
これは3rdのタイトル曲でもあり、かなり前からひとみさんが大切にうたってきているうたの一つです。私も色々なところで、色々なヴァージョンを聞きました。ねじれの世界を彷徨い、敵の侵略を受け、味方だと思っていた人にまで背を向けられ・・・・・、そこに登場する「最初の人」。アスペルガー症候群の発覚というのは、ある意味、ひとみさんにとって「自分を理解」する為の「マニュアル」を得た瞬間でもありました。そんな中、ひとみさんの言葉(こころ)を一つひとつ受け入れ、ひとみさんのわかる言葉で話し、同じ色の涙を流してくれる真の理解者によって、本来のココロのカタチを取り戻していく・・・。何度聴いても感動的なドラマティックなうただなぁ・・・・・。

ねぇ
ひとみさんは、このうたを、「発達障害当事者や周りの人へ」とサブタイトルをつけて、自らのストリートライブの様子を You Tube にUPしています。アスペルガーの人たちは、他の人にとって「何でもないこと」が「すごくニガテ」だったり、「あたりまえ」のことが「できなかったり」します。その一方で、あることにだけは、ものすごく才能を持ってたりもします。ひとみさんにとってはもちろん「うた」。だからこそこの曲の冒頭の、「ねぇ、ずっと、うたっていたよ・・・。ステージ降りたら何もできないもの・・・。ねぇ、おねがい降りたくないよ、失敗も孤独ももうイヤなんだ」・・・・が、生まれたんですね。この曲を聞いて「勇気」を貰う人は、同じ発達障害の人もいるだろうし、そうでない人もいると思います。これは、誰にでも、すごく、優しい曲なんです。 



アンコール曲|私は “うた” を 信じたい
この曲は今一番新しいひとみさんの曲です。アルバム未収録ですが、最近のライブでは聞ける確率結構 “大” 。 幼少期、青年期、大人になってから、様々な困難に見舞われたけど、ひとみさんを唯一裏切らなかったのは、やっぱり “うた” 。生きにくいことの多い時代だからこそ自分自身を理解する術を模索していった結果の “うた” ・・・・ かな。



打ち上げそしてサプライズ!
今回の「打ち上げは」は、「武生ラグタイムクラシックス」でそのまま行われました^^ 地元の人、東京・神奈川から駆けつけた人、各地方から駆けつけた人、なじみの顔もあれば「はじめまして」の人も、「あぁ、あなたが○○さんでしたか」なんて、ネットで知り合って始めてリアルで出会うシーンも・・・・。そこに、登場したのはサプライズ・ゲスト・・・・? というのは、ちょっと意味が違うかも知れませんが、ひーたんの、本当に初期の頃からのファンでありひーたんを支えてくれている、HN「いんきょ」さんが、なんと浦安から到着!!! 高速の渋滞で本番には間に合わなかったけど「行く」と宣言したからには「行く」という信念から、なんと打ち上げの席に登場! 拍手の渦の中、打ち上げ中のひーたんの「特別おまけライブ」が始まりました!!! かなりレアな曲もまじえて、私も、あ、これが「ネタもとだったんだ」的な発見もあってすっごい贅沢な時間でした。

そのまま二次会は、ひーたんのお父様の経営する会社の二階で、まじアットホームな宴会しますた!

写真は、ぷぷちゃんが持っていった「一口ういろう」。みんなで、またーりして、雑魚寝組はソコにそのままお泊まり、ちょっと贅沢なホテル組は、その後ホテルへ帰ってお休みなさいをしました。

次の日は、ひーたんとの「武生観光」というのがツアー本体の日程でしたが、ぷぷちゃんはここでみんなとわかれて、明日は一人「ぺ(ペンギン)」の世界へ・・・・。みんな、いい夢を!

| 【報告】堀川ひとみ活動情報 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
はじめまして。
先日は「ぺ」の件に関して詳細な解説を頂きありがとうございました。
そして今回は「武生ライブレポート」ありがとうございます。
出発を決めたのが前日、それも「日帰りしか無理」「でも1曲でも生で聴きたい」私は、
ラストの「ねぇ」を聴く前に会場を出ましたので、以降のレポートはとてもうれしかったです。
(読めば読むほど、ラストの曲以降も参加したかったな〜って感じです)
いただいたレポートで歌やおしゃべりを思い返せて良かったです。
あ、写真もステキ!!
また、素敵なレポート、お待ちしています。
| ガリレオ母 | 2010/10/24 10:35 AM |
ガリレオ母様、先日は、まささんのBLOGにていきなりレスしちゃいましたが、まさか、まささんのサイトを通じて「ぺ」の理解が広がるとは・・・・面白い縁ですよね♪ またどこかのライブで是非是非お会いしましょうね^^ 写真・・・・、動画から取り出したものなんだけど、どれもいい表情しているのよね・・・・。歌っている時の一瞬一瞬をひーたんは本当に大切にしているからだと思います。ひーたんのライブは回を増すごとにどんどん素晴らしくなっています。だから、今回が途中まででも大丈夫、次、もっとスゴイから。いつでもリベンジ可(笑) 今後も「ぺ」も「ひ」もがんばって応援レポートしていきます o(^ー^)o どうぞよろしくお願いします。
| ぷぷちゃん | 2010/10/24 11:00 PM |









http://pupunote.jugem.jp/trackback/46